ページトップ
お知らせ/コラム

知って欲しい!RSウイルス

おはようございます。すっかり朝は冷え込むようになりましたね。

今日は、秋になりこの時期にはやる感染症のお話をしていきたいと思います。今日の感染症はRSウイルスです。聞いたことある人もいると思いますが、それ以上はと言う方も多いと思います。是非今日のお話で事前に知り、かかりたくはありませんがかかってしまった時慌てずにいられるようにいたしましょう。

 

RSウイルスって何?

その名の通り、RSウイルス感染症とは、RSウイルスの感染による呼吸器感染症です。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染するとされています。9月頃から流行し、初春まで続くとされてきましたが、近年では夏季より流行が始まるようになってきているようです。非常に感染力が強く、幼稚園や保育園などの集団施設であっという間に広まることも珍しくありません。

 

どんな症状が出るの?

おもな症状は、発熱、鼻水などの症状が数日続きます。多くは軽症で済みますが、咳がひどくなる、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴った呼吸困難が出るなどの症状が出現した場合は、細気管支炎、肺炎へと進展する場合がありますので注意が必要です。潜伏期間は2~8日と言われていますが、大体4~6日です。初めて感染する乳幼児の約7割は、数日のうちに症状は治まってきますが、約3割は咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが現れてきます。早産児や生後24ヶ月以下で心臓や肺にもともとリスクがある、神経・筋疾患や免疫不全のリスクを有する感染者の場合、重症化するリスクが高くなります。合併症として注意すべきものもありますので、呼吸が苦しそうな場合は、速やかに受信しましょう。

 

かかってしまったら?

RSウイルスには有効な抗ウイルス薬は現在ありません。治療としては、症状に合わせた対症治療(症状をやわらげる治療)になります。安静に体力を消耗しないようにしましょう。

 

拡大させないために

主な感染経路は、飛沫感染になります。RSウイルスに感染している人の咳やくしゃみ、または会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込むことで感染します。マスクの着用が効果的です。そしてマスクをするのは、何よりも感染しているお子様に重点を置きましょう。その他に、接触感染もあります。手でドアノブなどについたウイルスに接触し、その手で鼻や口などの粘膜や傷口などに触れた際に感染します。手洗いうがいをしっかりしましょう。

 

大人や高齢者の感染にも注意

看護していた大人や高齢者が感染すると重症化する場合がありますので十分に注意してください。

 

  • LINE
  • Rea Makana