ページトップ
お知らせ/コラム

知って欲しい!アレルギーについて

今日はあいにくのお天気ですね。体調を崩さないよう気を付けてください。

今日は、アレルギーについてお話したいと思います。

昔に比べて今アレルギーのある子どもは増えてきていますが、それを防ぐためにアレルギー食品を食べないでいることもよくないって知っていましたか?

今日から少しずつアレルギーについてのお話をしていきたいと思います!

 

なんでも少しずつ食べるましょう。

アレルギーは離乳食開始後に出ることが多いですが、授乳中にも出ることがあります。

この授乳中にアレルギーが出た場合、これはお母さんの母乳に含まれるアレルギー物質に反応したことになります。そこで、授乳中のお母さんも、なんでも少しずつ食べてもらいたいのです。例えば、朝に牛乳を飲んで、昼にチーズ、夜にヨーグルトなど違う形でも乳製品の過剰摂取は母乳に影響します。

離乳食開始期は、なんでも少しずつ食べましょう。食べられるものを増やしながら、新しい食品はスプーン1口から初めて1週間である程度安心できる食材になればよいと思ってください。体調によってもアレルギー反応が出ることもありますので、無理せづ少しずつです。

鶏卵・牛乳・小麦は要注意!

子どものアレルギーで一番多いといわれている3つが、鶏卵・牛乳・小麦です!これらを試すときは、必ず一つずつ試しましょう。

よくあるのがパンがゆを作る際に、パン(小麦)に牛乳という組み合わせです。このパンがゆを食べてアレルギー反応が出た場合、特定が難しくなります。小麦を試すなら粉ミルクにしたり、牛乳を試すなら米粉パンにするなど、必ずひとつひとつ試しましょう!

 

試すのは午前中!!遅くてお昼!

アレルギーはすぐ反応が出る場合もありますが、1日たって出る場合もあります。その為、食材の試しは午前中アレルギー反応が出た場合すぐに受診できる時に行いましょう。アレルギー反応は、皮膚に現れることが多いです。かかりつけの小児科皮膚科にの休診日の確認も忘れずにしましょう!

どうでしたか。アレルギーに過敏になるのもわかりますが、何事も少しずつですね!次回はアレルギー反応についてもお話したいと思います!

 

―――――――――ーーーーーーーーーーー

妊婦さん・新生児からできるおくるみタッチケアから始まり、ベビーマッサージやベビーシッターとずっと寄り添う頼りになるパートナーは...

Family Salon Makana【マカナ】

代表:Osako Megumi

東新宿駅より徒歩8分

🏠新宿区新宿7-5-8

☏03-6205-6090

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  • LINE
  • Rea Makana